近年、在宅医療や在宅介護のニーズがますます増え、訪問看護の社会的必要性が高まっています。しかし、一口に訪問看護と言っても、様々な特色があります。訪問看護は、病院や診療所が主体になって経営している場合もあれば、居宅介護事務所と同時に経営していたり、単独で事務所を構えて経営しているところもあります。病院や診療所は、そこへ通う患者がそのまま顧客となる場合が多いですが、単独経営で開業する場合はどこかに太いパイプを持って顧客を獲得せねばなりません。また、小規模な場合やれることが限られる場合があるため、可能なことや、得意分野、経験を明記した上で顧客に知らせておくことが大切です。例えば、ケアプランが作れる、ターミナルケアが可能、難病対応をしているなど、事務所の特色を公表しておくと、選ぶ側の患者や、社会福祉士、ケアマネージャーが見つけやすいことがあります。

訪問看護の開業は費用も安いです

少子高齢化が進む中、ドンドンとお年寄りの介護の面に関してましては、深刻な状態が続いており、若い内から老後の心配をされる方たちも増えて居るように感じます。その様な状態で、介護を必要とする高齢者を抱える世帯では、中々、老人ホームに入所で出来ず、自宅で介護をせざるを得ない状態になっている場合も多いように見受けられます。そうなると、訪問看護の手を借りる事になるようです。訪問看護とは、看護師ステーションや、病院の看護師さんなどが、利用者の家を訪問してくれるようなサービスの事を言います。主な仕事の内容に関しましては、病状の観察や、診療の補助、入浴や食事など、生活支援などのサービスになるようです。これからは、益々ニーズが高まっていくサービスになる為、開業も増えて行くと思われます。開業に当たっては、費用も少なくて出来るため、容易な事のようです。

訪問看護事業の開業と将来性に関して

世界の中でも日本は、病院の数が多いとされています。総合病院から小さな医院に至るまで、質の高い医療を提供してくれます。しかし一方で、病院側の立場になれば経営を維持して行くことは大変なことです。病院が淘汰される時代ですし、お金をかけずに上質なサービス提供をする必要があります。そこで注目されているのが、訪問看護開業ではないでしょうか。自宅で最期を迎えたいと願う方が増えていますし、それに伴って訪問看護の需要は高まっています。経営を安定させるには、需要の高い分野に投資をすることが大切です。看護師や介護従事者を揃える必要がありますが、超高齢化社会を迎える日本にとっては、数少ない成長産業だと断言出来ます。終活ブームの到来を受けて、生活の質をキープしながら最期をどう過ごすかが議論されています。訪問看護は、患者にとっては命綱でもあります。

経営者様向け、スタッフ向け実務等豊富なセミナーを開催しています。 訪問看護ステーションとは、看護師が利用者宅などに出向いてサービスを提供する事業所のことです。 早期の開業で、より大きく事業を成功させることも可能です! 人材教育も手厚く、未経験の他業種でも安心です。 新横浜本社・大阪営業所の他、全国で説明会を実施しております。イベントスケジュールよりご確認ください。 訪問看護事業の開業なら「ケアーズ」でサポート!